インフォメーション

2015/12/31 15:15

恭賀新年

常念寺の本堂・境内では、新年をお迎えする準備が出来ました。 十二月半ばごろに 檀信徒の皆様のところに 常念寺たより、平成二十八年年間行事予定表、年回忌表と、常念寺住職が書かれた干支の色紙がお手元に届いていることと存じます。 常念寺たよりには、『十夜会法要』『如意輪観音御開帳・位牌堂総供養・観月の夕べ』を記事にさせていただきました。 今年も良きご縁で、十一月三日に雅楽・舞楽の『観月の夕べ』を開催し、ご参加いただきました、『白絣会』の俳句を載せさせていただきました。 年男であります住職が書かれた色紙には 釈文(仏教の経典などに書かれている言葉をわかりやすく平易な言葉で解説した文章のことをいいます。)が入っております。  至将不逆 応而不藏 将(おく)らず逆(むか)えず、応(おう)じて而(しか)も蔵(おさ)めず 将(おく)らずというのは、過ぎ去ったことにくよくよしない。 逆(むか)えずというのは、これから来る未来のことを思い悩まない。 応(おう)じてというのは、そのとき その時に、臨機応変に精一杯尽くす。 藏(おさ)めずというのは、恨み憎しみの念を心にしまいおくな、という意味です。 今年も残すところ あと数時間となりました。 どうぞ 皆様よいお年をお迎えください。 来年も皆様にとって 幸せいっぱいな 素晴らしい年になりますよう お祈り申し上げます。