インフォメーション

2016 / 02 / 23  

宗祖御忌会

平成二十八年二月二十日(土曜日)午後一時より 御忌会を厳修いたしました。 午後一時より    本山布教師法話 午後二時より    御忌会法要 午後三時より    本山布教師法話 午後三時四十分   御忌献供袋礼拝回向 午後四時      御忌参詣之證授与 午後四時二十分   ビンゴゲーム大会  御忌とは、御忌の心は、求道研鑽の日々を送り、念仏信仰をあまねく広めた上人のお徳を偲び、感謝の気持ちを捧げることです。 法然上人は、建暦二年(一二一二年)一月二十五日にお亡くなりになられました。 その御命日に、上人のご遺徳を偲び、ご遺訓の『一枚起請文』を拝読し、営まれる法会を御忌会と言います。 法然上人のご生涯は、御仏の限りない慈悲の光に生かされ、限りない生命の歓びをかみしめるために ただ、『南無阿弥陀仏』を称えよとお勧めくださったことにつきます。